突撃FPS

いろいろなゲームを適当に楽しんでいる人のブログ

サーバを無線LAN化してみる

24時間稼動を目指すサーバにとって、嫁は天敵となります。 動いているのがバレると大変な目に遭うという意味で(´;ω;`) その点Intel D510MOはマザーボード上はヒートシンクしかなく(CPUもヒートシンクのみ)、電源や箱、HDDのの稼動部位を除けばほぼ無音。 しかし有線LANを繋げる距離には間違いなく嫁がいる為今までは24時間稼動を諦めていました。 しかもFPSを始めてから無線LANを使ってなく、APを会社へ持ち込んでしまったので無線LANが使えない状況となっていました。

しかしさっき気付いた。 スマフォにした際、auからHOME SPOT CUBEを借りたのでAPは家に存在するのだと。 そこで埃を被っていたPCカードアダプタと無線LAN子機を引っ張り出してきました。 [caption id="attachment_4304" align="aligncenter" width="320"]数年ぶりの登場 数年ぶりの登場[/caption] ラトックシステムのREX-CBS52NECのAterm WL54AG。 やや時代を感じる製品群ですが、USBタイプの子機が嫌いな自分にはPCカードアダプタが必須でした。 まさかこんな形で役立つ日がくるとは…。

というわけでいろいろとセッティング。 最初は入れっぱなしになっていたUbuntu Serverをなんとか使えるようにしようと思ったんですが、なんだかうまくリンクしないので再インストール。 しかしインストーラーでは認識もするしちゃんとリンクしてるのに、インストールが終わって起動させるとリンクしない。 いろいろググったんですが、wpa-supplicantを設定してやる必要がありそうということでいろいろとゴニョゴニョ。 とりあえずsshでの接続はできたので、嫁にバレない位置に置いてみた。 これで明日からいろいろと楽しめそうです。

広告を非表示にする