突撃FPS

いろいろなゲームを適当に楽しんでいる人のブログ

3D Mark06ベンチとmagpul PDR

3D Mark06のお話

何故かMAGICIAN内で3D Mark06が流行したので、以前一度やってるんだけどやり直してみた。 前回はフリー版でやったんだけど、せっかくFORMULA RAMPAGE付属のADVANCED版があったのでインスコ。 一応環境を晒した後に結果をペタ。

PC環境

電源
玄人志向 KRPW-J600W
MotherBoard
ASUS FORMULA RAMPAGE
CPU
intel Core2Quad 6600 (2.4GHz)
Memory
1GB x2 (total 2GB)
VGA
SAPPHIRE RADEON HD4850 (2枚差しでCrossFire X)
Sound1
OnBoard SoundMAX
Sound2
ONKYO SE-80PCI

ベンチ結果

CPU 2.4GHz定格 定格(2.4GHz)での結果 CPU 3.0GHz OverClock 3dmark06_30ghz 今回ベンチを実行したメンバーの中で、定格ではR-MENが最高スコアを叩き出しました。 さすが Core i7です。 定格2.4GHzではそこまで届きませんでしたが、3.0GHzでならトータルスコアはR-MENも凌駕しました。 CPUのみのスコアではR-MENにはあと1,000程度届きませんでしたが…。 さすがCrossFireです。 しかしFORMULA RAMPAGEは販売価格が3万程度するだけあって、オーバークロックの設定も楽ちんです。 BIOSでCPUタイプをQ6850にするだけ。 ベンチも完走する位なので常時使用もいけそうな気がするのですが、やはり壊れると嫌なので定格使用ですね。

magpul PDRのお話

多くの方はご存じだと思いますが、自分は長い期間MP7を愛用していました。 これは何故かBIZONだと撃ち勝てないのにMP7だと撃ち勝てるからだったんですが、MP7の泣き所はミドルレンジ~ロングレンジでした。 反動が大きいため、余裕を持ったしゃがみ撃ちでも撃ち勝てないことがしばしば…。 そこで性能的に似ているmagpul PDRに持ち替えてここ数日試射しているんですが…すげぇw。 此奴はミドル~ロングレンジでもなんとか勝負できます。 もちろん狙いを定めたAKなんかにはまったくもって歯が立ちませんが、威力がMP7よりあることもあり、少ない弾数で撃ち倒すことができます。 難点は速射性が高く弾数が少ない(MP7が1マガジン40発なのに対し、magpulは1マガジン30発)ことですね。 タップ撃ちとサブ武器への持ち替えでなんとか対応するようにしていますが…これもぱわーさんの助言で『リロードよりサブ武器!』を数ヶ月かけて身につけた恩恵です。 もう少し使い倒して、MP7ではなくmagpulをメイン武器にしようと企んでいます。 …MP7_Loveの存在意義が薄れてしまいますけど…。

広告を非表示にする