突撃FPS

いろいろなゲームを適当に楽しんでいる人のブログ

Theater-Dimensional

自分はONKYOMA-700Uをかれこれ5年位使っています。 コイツにはTeater-Dimensionalという機能があり、ざっくりと言えばフロント2chのスピーカーで疑似マルチチャンネルサウンドを体感できるというものです。 今まで何度か使ったことがありましたが、正直に言えば なんとなく立体に聞こえるな~ 程度のものでした。 まぁ音が結構変わってしまうので最近はあまり使っていなかったのですが…。

たまたまググっててTheater-Dimensionalの情報が目に入って改めて説明書を読み直したんですが… オレ使い方間違ってた/(^o^)\ 今までは普通にアナログ2chで再生していたのですが、どうもDTSやDolby Digital等の5.1chが必要だったようです。

というわけで、まずはスピーカーを推奨位置に配置しなおしました。 ちなみに以前の環境は以下の図のような感じでした。

さてスピーカーの設置が終わったら、次はX-Fi側でDTSかDolby Digital Liveをonにします。 そしてMA-700Uの入力ラインをDigitalにすると画面表示が変わります(当然ですが、FORTEとMA-700US/PDIFでつなぐ必要があります)。 DTSの時が以下。 Dolby Digital Liveの時が以下。 ちょっと見づらいんですが、表示部にそれぞれモードが表示されます。

最後の仕上げは再生ソフト側。 もちろん自分はFPSで確認。 CoD4とMW2でサウンド設定を5.1chに設定した上でプレー。

((((;゚Д゚)))) 左右の音はもちろんのこと、後ろからの音が本当に後ろから聞こえる…。 マジパネェ。 洒落にならんというか、音の聞こえ方が違い過ぎて困る。 思わず敵が銃撃している目の前で確認したくて後ろを振り返ってしまうレベル。

次はDVDか何かを再生させて確認してみたいと思います。

広告を非表示にする